CATEGORY

資料集

Lineup

    • 2020年11月1日
    • 2020年11月2日

    【民法改正】遺言執行者とは?

    遺言執行者に関する事項について、従来の民法では不透明な部分がありました。それが平成30年の民法改正で明確化され、この改正は令和元年7月1日から施行されています。 この記事では、改正後の民法で定められた遺言執行者の義務や権利、相続人との関係について解説します。 遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する人をいう。 遺言執行者の職 […]

    • 2020年10月29日
    • 2020年10月29日

    遺言代用信託 いごんだいようしんたく 

    遺言代用信託・・・信託銀行等に財産を信託し、生存中は本人のために管理・運用してもらい、亡くなった後は、配偶者や子に財産を引き継ぐことができる信託のこと 遺言代用信託の仕組み 委託者:本人受託者:信託銀行等第1受益者(本人の生存中):本人第2受益者(本人の死後):家族等 遺言代用信託のメリット 生前から使うことができる(遺言にないメリット) 財産の受渡しを相続手続き外でスムーズに行うことができる 分 […]

    • 2020年10月28日
    • 2020年10月31日

    遺贈寄付にかかる相続税 

    遺贈寄付の代表的な方法として、 遺言による寄付 相続財産からの寄付 があります。 寄付を望む本人にとっては、その意思を、遺言書の形で残すか、口頭やエンディングノート、メモのような別の方法で伝えるかの違いです。 大した違いではないようにも思えますが、相続税の課税という面でこの二つは大きく違います。 相続税がかかりそうなら、この違いについて理解しておきましょう。 遺言による寄付 原則として相続税はかか […]

    • 2020年10月28日
    • 2020年10月28日

    遺贈寄付における「みなし譲渡課税」とは?

    遺贈寄付が節税対策として注目されることがあります。 確かに一定の条件を満たせば相続税が非課税になるのですが、これはあくまでも相続税に限った話し。 あまり知られていない点として遺贈寄付で所得税と住民税がかかることがあります。不動産や株式のような現物を寄付しようかなと考えているなら要注意。   値上がりした不動産や株式を寄付すると、売却益があったとみなされて所得税が課されることがあります。 みなし譲渡 […]

    • 2020年10月26日
    • 2020年10月29日

    遺贈寄付でよくある誤解

    誤解 遺贈寄付の受入先は有名な団体しかない。 実際 遺贈寄付の広報に力を入れている有名な団体や出身大学に寄付が集中しがちですが、実際にはたくさんの受入先があります。 ただ特に地域でこじんまりと活動しているような団体だと、情報発信が不十分で、寄付先の候補として認知するのが難しい場合があります。 寄付をする人と寄付を受け入れている団体の仲介者となる中間支援組織がありますので、そこに相談してみるのがいい […]

    • 2020年10月26日
    • 2020年10月29日

    遺贈寄付の種類

    遺贈寄付には主に3種類あります。 遺贈寄付の種類 寄付の意思を伝える手段 寄付する人 遺言による寄付 遺言 本人 相続財産からの寄付 口頭で伝える、手紙、遺言書の付言事項、エンディングノートなど 相続人 信託による寄付 信託契約 本人から委託を受けた受託者 種類別の詳細は以下のとおりです。 遺言による寄付 寄付先/手続き 特定の団体へ寄付すると遺言で伝える 財団を設立し、そこへ寄付すると遺言で伝え […]

    • 2020年10月26日
    • 2020年10月26日

    遺贈寄付 いぞうきふ

    遺贈寄付 遺言による寄付行為(狭義の遺贈寄付)遺言による寄付、相続財産による寄付、信託による寄付の3つを総称する寄付行為 MEMO 遺贈 個人が死亡した時に、遺言によって、財産の全部又は一部を法定相続人又は法定相続人以外の人(自然人又は法人)に無償で譲渡(贈与)すること 出典:全国レガシーギフト協会編、『遺贈寄付ハンドブック(改訂版)』、2018年  遺言による寄付 個人が遺言によって自己の財産の […]

    • 2020年10月23日
    • 2020年10月26日

    「死因贈与 vs 遺贈」で死因贈与を選択すべきケースとは?

    ケース1 贈与を取り消される心配があるとき 遺贈は、遺言書を撤回することにより、遺言者が一方的に取り消すことができます。 死因贈与も取消は可能ですが、あげる側ともらう側の双方の合意が必要なので、取り消しにくいといえます。 対象が不動産であれば、死因贈与では仮登記が可能です。仮登記が抑止力となって取り消されにくいということもあります。 ケース2 遺産をあげる見返りに、生前に世話をしてもらいたいとき […]

    • 2020年10月23日
    • 2020年10月23日

    負担付き遺贈 ふたんつきいぞう

    負担付き遺贈受遺者に財産を遺すとともに法律上の義務を負担させる遺言のこと 負担付き遺贈の活用例 「財産を受け取る代わりに、遺言者亡き後の配偶者の生活費を負担する義務」を受遺者である姪に負わせる 「財産を受け取る代わりに、遺言者亡き後のペットの世話をする義務」を受遺者である知人に負わせる 義務を確実に履行されるようにする仕組み 相続人と遺言執行者は、受遺者に対して、一定期間内における義務の履行を求め […]

    • 2020年10月22日
    • 2020年10月22日

    お一人様なら押さえておきたい死後事務委任契約

    近年急増しているお一人様。 その生前対策には遺言に加えて死後事務委任契約(しご-じむ-いにん)の利用も考えたほうがいいことがあります。 死後事務委任契約に関する世間の認知はまだそれほど高くありません。 今回の記事では死後事務委任契約について基本的な事項を説明しました。 遺言書と死後事務委任契約 遺言によって法的効力を持たせることができる事項は、法律で認められた事項に限られます。 それ以外の事項はど […]

    >相続手続・相続税申告の専門家が相談を承ります!

    相続手続・相続税申告の専門家が相談を承ります!