CATEGORY

相続遺言の基礎

相続遺言の基本的な知識を図や表で分かりやすく説明

 

 

 

 

 

 

    • 2020年11月1日
    • 2020年11月2日

    【民法改正】遺言執行者とは?

    遺言執行者に関する事項について、従来の民法では不透明な部分がありました。それが平成30年の民法改正で明確化され、この改正は令和元年7月1日から施行されています。 この記事では、改正後の民法で定められた遺言執行者の義務や権利、相続人との関係について解説します。 遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する人をいう。 遺言執行者の職 […]

    • 2020年10月23日
    • 2020年10月26日

    「死因贈与 vs 遺贈」で死因贈与を選択すべきケースとは?

    ケース1 贈与を取り消される心配があるとき 遺贈は、遺言書を撤回することにより、遺言者が一方的に取り消すことができます。 死因贈与も取消は可能ですが、あげる側ともらう側の双方の合意が必要なので、取り消しにくいといえます。 対象が不動産であれば、死因贈与では仮登記が可能です。仮登記が抑止力となって取り消されにくいということもあります。 ケース2 遺産をあげる見返りに、生前に世話をしてもらいたいとき […]

    • 2020年10月22日
    • 2020年10月22日

    お一人様なら押さえておきたい死後事務委任契約

    近年急増しているお一人様。 その生前対策には遺言に加えて死後事務委任契約(しご-じむ-いにん)の利用も考えたほうがいいことがあります。 死後事務委任契約に関する世間の認知はまだそれほど高くありません。 今回の記事では死後事務委任契約について基本的な事項を説明しました。 遺言書と死後事務委任契約 遺言によって法的効力を持たせることができる事項は、法律で認められた事項に限られます。 それ以外の事項はど […]

    • 2020年10月21日
    • 2020年10月21日

    遺言書でできること、できないこと

    遺言書に書く内容には特に制限がなく、何でも好きに書いてかまいません。 しかし、遺言書に書くことで法律的効果が生じるのは、法律で認められた事項だけです。 法律的効果が生じないのであれば、わざわざ遺言書に盛り込む必要はありません。 エンディングノートやメモ帳に自由に書いてもいいでしょう。 内容によっては、死後事務委任契約のような別の方法で法律的な効果を生じさせることができる場合があります。 生前対策の […]

    • 2020年10月20日
    • 2020年10月21日

    遺産分割協議書の作成手続き

    遺産分割協議書の作成で必要なこと ・遺産分割に関して相続人全員の合意を得ること 反対する相続人が一人でもいると、遺産分割協議は成立しません ・合意内容を証明するため、相続人全員の署名捺印を得ること 署名捺印しない相続人が一人でもいると遺産分割協議は成立しません MEMO 遺産分割協議書には、自分の手で署名し、その横に実印を押します。ワープロで氏名を印字しても、認印を押しても遺産分割協議書自体は有効 […]

    • 2020年10月14日
    • 2020年10月14日

    遺産分割の方法

      亡くなった方の財産は、家族が自由に処分していいわけではありません。   法が定める方法に則った手続きを行う必要があります。 以下の4つの方法が認められています。 遺言による遺産分割  協議による遺産分割  調停による遺産分割  審判による遺産分割 遺言による遺産分割  生前に遺言によって、分割の方法を定めることができます。 ・具体的:各相続人の取得する具体的な遺産を定める・ […]

    • 2020年10月2日
    • 2020年10月4日

    遺言の方法は主に3種類、 各方法の特徴とメリット・デメリットについてまとめ 

    遺言を遺す方法について。 代表的な方法の概要と各方法のメリット・デメリットおよびリスクとの関係を表形式でまとめました。 遺言の方法   自筆証書遺言&自宅保管 自筆証書遺言&法務局保管 公正証書遺言 作成方法 本人が本文を自書*1 本人が本文を自書*1 本人が口述、公証人が記述 署名・押印 本人 本人・証人・公証人 本人・証人・公証人 証人 不要 不要 2名以上必要 保管 自宅 法 […]

    • 2020年9月25日
    • 2020年10月4日

    遺言がある場合の相続手続きの流れ

    亡くなった方が遺言書を遺していた場合の相続手続きの流れについてまとめました。 標準的な手続の流れ 相続開始 死亡届・葬儀・法要 遺言の有無を確認 相続人の確定(必要に応じて) 遺言の検認・遺言書の閲覧(必要に応じて) 相続財産の確定(必要に応じて) 相続放棄・証人(3ヶ月以内) 所得税の準確定申告(4ヶ月以内) 相続税申告・納税(10ヶ月以内) 各種財産の名義変更手続 遺言書の有無を確認 遺言書が […]

    >相続手続・相続税申告の専門家が相談を承ります!

    相続手続・相続税申告の専門家が相談を承ります!