相続税診断

こんなお悩みをお持ちの方におすすめのサービスです

相続発生後のお客様
相続税、いったいいくらかかるのかしら?
 

あるいは

  • 相続税、うちにも関係があるの?
  • 相続税、ちゃんと払えるかな・・・
  • 相続が発生してからでも相続税対策はできる?

早い段階で相続税の現状を確認

相続税の申告が必要かどうか、相続税がどれくらいになりそうなのか、相続発生からなるべく早い時期に確認しておくのは重要です。

相続税の申告及び納付には10か月という期限があるほか、納税は現金一括払いが原則なので、納税資金対策が必要な場合もあります。

また、相続税申告の要否や相続税の金額は、遺産の分け方によっても違ってきます。

遺産分割協議や不動産登記が終わって初めて相続税を計算してみて、「しまった!この分け方では税金が高くつく」と後悔しても手遅れです。そうならないためには、なるべく早い段階で分割案別に相続税額を試算し、遺産分割で考慮するのが望ましいといえます。

さらに相続手続では、様々な理由で当初の見込みよりもはるかに時間がかかってしまうことも少なくありません。10か月という相続税の申告期限は長いようですが、呑気にしていると時間が足りなくなる危険があります。

相続税申告に向けて何が必要か、それにはどれくらい時間がかかるのかを把握するために、できれば四十九日を過ぎたくらいのタイミングで、現状を確認しておくことをおすすめします。

相続税診断とは?

相続税診断とは、ご準備いただいた資料をもとに、相続税申告の要否や相続税の予測額、納税後の財産額、資産構成などを診断し、現状を確認するサービスです。

料金:33,000円(税込)

診断後に相続税申告書又は相続税申告の要否検討表の作成をご依頼いただいた場合には、最終料金から診断料を差し引きますので、実質無料でご利用いただけます

診断の流れ

1 電話又はフォームよりお申し込みください。
 お申込みの際に、必要な資料をお伝えします。
2 資料をご準備いただき、ご来所、又は郵送又はメールにてご提出ください。
 資料が不足していると、適切な診断結果が出せないことがございます。必要な資料の収集にご協力をお願いします。
3 診断の結果をお渡し、ご説明します。
 ご質問があれば、お気軽にお尋ねください。
4 必要に応じて、相続税申告書や要否検討表の作成をご依頼ください。
診断の情報を引き継ぎますので、スムーズに進めることができます。

>お問い合わせはお電話又はメールでどうぞ

お問い合わせはお電話又はメールでどうぞ

[お電話でのご連絡] 044-712-0945(受付時間:平日9時~18時)

[メールでのご連絡] お問い合わせフォーム(24時間OK)