事務所移転から5か月、ウンベラータの成長

早くも9月となりました。ひと頃の暑さも少し和らぎ、朝夕には秋の気配も感じる今日この頃です。

長い梅雨寒からいきなり酷暑に見舞われた今年の夏。人間も植物もぐったりとする中、当事務所で一番元気だったのは玄関正面に置いてあるウンベラータでした。

ここはもともと洗濯機置き場だった場所で、事務所移転時には防水パンと給水用の蛇口がむき出しの状態でした。それを隠そうと植物を置いたのはいいものの、近所の花屋さんで買い求めたときはまだ丈も短く、蛇口までかなり距離がありました。それが春夏の間にすくすくと成長し、今では私の身長にも迫る勢いです。大きな葉がどんどん茂るので、昨日、ついに刈り込みを決行。すっきりした姿になりました。

この場所に事務所を移転してから約5か月。ウンベラータほどには成長しない自分をもどかしく感じつつも、「ゆっくり急げ」という格言も心に留めて日々を過ごしています。先月は、通常業務のほか、ホームページの手直しとチラシ営業をこつこつ進めていました。

ホームページは、かなり大胆に変わっています。独自路線をひた走ってきた当事務所のサイトですが、普通のサイトに近づけようと意識してみました。業務の内容からして、一般的な「型」に沿っている方が見る人にとって安心できるのでは、という考えからです。

また、画面に「風と光」を呼び込む工夫もしてみました。当事務所のホームページをご覧になるのは、相続などで悩みを抱えていらっしゃる方が中心です。悩んでいる今の状況に風が吹いて変化が起こる、光が差して変化が生じる―そんな希望を少しでも感じていただけるようなデザインにしてみたつもりです。

去年の年末から始めたホームページ作りも、当初の自分の好みで埋め尽くされた「自分中心」のものから、見る人の視点に立った「他者中心」のものへと徐々に変化してきました。「こういうことは専門の業者さんに任せて、本来の業務に集中したら」という声が聞こえなくもないのですが(¯∇¯٥)、ホームページは当事務所のサービスを必要とされるお客様とつながるための重要なチャンネルと考えています。今後も他人任せにせず、トライ&エラーで進めていくつもりです。

今月も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。