Choose happy

手持ちの名刺が残り少なくなったので新しい名刺を作りました。

当事務所ではサイトやチラシのデザインも含めてすべて自前でやっていますが、その楽しさといったら!

本業そっちのけでずっとやっていたい気分になります。

そういえば小学校では図画工作の時間が一番好きだったなァと思い出しました。

さて名刺を新調するにあたって、迷ったのが裏面です。主な取扱業務は書くとしても、下半分はどうしよう。

簡単な経歴や所属団体、趣味等々、何でもありなだけに迷います。

さんざん迷ったあげく、以下のようになりました。

お堅い業務内容に比べて下半分が浮いている?まぁ、今回は良しとしましょう。

“Choose happy”は最近インターネットで良く目にするフレーズで、

I Choose to be happy. (私は、幸せであることを選択する)

を要約したものです。

幸せとは与えられるものではない、幸せであろうとする個人の選択の問題なのだ、というスピリットの端的な表現です。

私の好きな本の一つに、哲学者アランのエッセイをまとめた『幸福論』があります。

その中で特に気に入っているのが「市民の月桂冠」というくだりで、アランはこう言っています。

自分のために獲得する幸せは、もっとも美しく、寛大な捧げものである

幸福足らんと決意した人々に対する褒美として、私は、市民の月桂冠のようなものを提唱したい

これが書かれたのは百年近く前ですが、現代の”Choose happy”の源流の一つといえるのではないでしょうか。

恵まれない生育環境など置かれた状況がなんであれ、人は、幸せであろうと選択することができます。

そのような選択をする人々に対して、アランに倣って私も最大限の敬意を表したいと思います。

そして、その人々のために、行政書士・税理士として少しでもお役に立つことができたら、という気持ちを名刺に込めてみました。